報告書:ICTの活用と税・社会保障改革

東京財団
「グローバル経済とセーフティネットのあり方」研究プロジェクト

ICTの発達により、デジタルエコノミーやシェアリングエコノミーといった新たな経済が出現しています。これらは、雇用の増大や経済の活性化をもたらす一方で、国際的な租税回避の問題が生じ、社会福祉、教育、防衛などの公共サービスを提供する財源である税収に影響することになります。また、ICTの発達は、資産・所得格差をさらに拡大させていくおそれもあります。

このような状況に対して、ICTの成果を活用しつつ、税制と社会保障制度を一体化して、デジタルエコノミー時代の制度設計が求められます。こうした問題意識の下、今後の具体的な提言に向けた方向性を示す報告書をまとめました。


■■■ 報告書の目次 ■■■

第1章  アベノミクスで進む富の集中
小塩隆士  一橋大学経済学研究所所長)
第2章  英国のユニバーサルクレジットに学ぶ
佐藤主光  一橋大学国際・公共政策研究部教授)
第3章  所得格差是正に効果的な所得層はどこかー給与所得控除・公的年金等控除の見直しへの示唆ー
土居丈朗  慶應義塾大学経済学部教授)
第4章  「教育予算」再考:日本版ICL(所得連動型奨学金)の拡充に向けて
小黒一正  法政大学経済学部教授)
第5章  納税環境の変化にどう対応するかー納税者の利便性向上と適正な負担の実現ー
田近栄治  成城大学経済学部特任教授)
第6章  シェアリングエコノミーと税制の課題
森信茂樹  東京財団上席研究員)

■■■ 報告書全文 ■■■
PDF(5.3MB)はこちらよりご覧になれます。→→ 詳細はこちらよりダウンロード←←←

ページトップへ